VISION&MESSAGE 
article

VISION & MESSAGE 

「世の中を知れ、自分で生きろ」と言われ続けた幼少期 人の価値観は、過去の経験から形成されます。 価値観は、十人十色であり、過去の経験やトラウマからくるものです。 私が経営者になろうとしたきっかけは、過去のいくつかの強烈な反省経験です。 まず、私の価値観についてお話しさせてください。 私にとって、父の存在が非常に大きいです。 父は借金し高校を卒業後、兄弟を追い、出稼ぎに新潟から東京へいきました。東京では小さな会社に入社しました。その会社は大手家電メーカーの下請けの下請けの更に下請けの小さな工場でした。入社して間もなく大手家電メーカーに出向することになり、その後営業部長にも昇進し、歴代の営業部長の中で、初めての高卒が父だったそうです。 人一倍努力した人間だからこそ、他人にも非常に厳しい人でした。 私は物心がついたときから、 “将来どうやって生きるのか、世の中を知れ、全部自分でできるようになれ” と父に度々言われていました。 自分で生きる、ということが脳裏にあり、自分でやらなければいけないという考えが幼いころから自分の根底にある価値観です。 苦手の克服と、独立への意識 中学は、サッカー部に入りました。 顧問の先生が厳しく、自分のミスで練習を止めてしまうことが多々あり、先生や先輩に怒られる日々を送りました。自分にはサッカーは向いていないと感じた為、部活を辞めようと思っていたのですが、ある時ふと思い切ってプレーをしたところ、自分の思い通りのプレーができ、大きな結果を出すことができました。 “どんなに辛いことでも耐え、挑戦し続ければ成し遂げられる” いうことを身をもって実感し、達成することへの喜びを感じました。 これが私にとっての初めての大きな成功体験だったと思います。 高校卒業の時に、私は漠然と18歳を超えたらトラックの運転手になると思っていました。 周りの友人もトラックの運転手になる人が多く、給料も稼げ、日々楽しく過ごせるだろうと思っていました。 そんな時、親友の死を機に、人はこんなにも簡単に死ぬということに初めて気づかされました 死んだらなにも残らない —————— 自分の嫌な部分を直して、生きていかなければならないと思い、漠然とした将来像ではなく、大学に行き多くの人たちと接し学ぶことにしました。 まずは自分のコンプレックスである人見知りを克服していこうと東京にでて、渋谷でのスカウト経験を通し、人見知りを克服していきました。 幼いころからの経験が今の自分の価値観を形成し、大学卒業後から「独立」という言葉を意識しながら就職活動をしていました。 意思など関係なく、明日の仕事は突然なくなる 職活動では、独立起業しやすいマーケットであるITと一番過酷なサービス業である代理業が自身を鍛えられると思い、株式会社オプトに入社しました。 5年経ったものの独立のきっかけはつかめず、このままでは事業ができるようにならないと独立できないと思い、自ら営業マネージャーを降り、異動を希望し事業統括を行うこととなりました。異動してから試行錯誤しながらもなんとか業績も改善に向かっていたのですが、いくつかの事情から一部事業がなくなり、明日の仕事がなくなる危機感を感じました。 自分の意思決定ではなく、自分が関与していない場での決断に憤りを感じるとともに、自分も含め死ぬ思いで、人生をかけて仕事に向き合ってくれていたメンバーに対して何もできない・・・自分の未熟さを実感しました。 この反省体験が、自分が経営者になりたいという思いがより強くなったきっかけでした。 会社員であっても仕事がなくなる可能性があるということを実感し、2度とそのような思いはしたくない、させたくはないと強い信念を持つようになりました。 経営者でなければできないことを 会社の中には社員がいて、その人の価値観、家族、人生を大事にしていかなければいけない。 そういう社会を作っていきたい。 パートナー、そして家族のように寄り添ってあげる組織をつくりたい。 それは経営者にならないとできないと思い、 …

Continue reading